2016年03月03日

マダイ釣行 茂吉丸 (御前崎港)

かなり時間が経過してしまいましたが

2月18日(だったと思う) 御前崎港・茂吉丸から出船しました。



午前6時集合で15分頃には9名を乗せて出港


出港時には風もなく海も穏やかだったんですが、釣り開始頃から風が強くなって来て、これは早帰りになるんじゃないかと思うほどの強風の日でした。

ポイントは御前崎沖なのでマキエのオキアミブロックが溶けるか心配でしたが、タコ網に入れて海水の中に入れておいたらバッチリ溶けました



サシエサにはLLのオキアミを購入して来ました



前日は全体で2匹と、まったくダメな日だったらしく悪い予感がよぎります

私は16日に釣果をHPで見て、ヘタッピでも釣れそうな気がしたから釣行決定したんですけどね

左舷では釣れているようですが右舷はさっぱりです。


(スマホ探見丸の画像)

指示棚35mで全員のビシが揃ってるが分かりますね

ハリス10mはノッコミ時の15mよりは扱いやすかったです。

右舷はというと、胴の間の方が最初に竿を曲げました

次に竿を曲げたのは私なんですが、タモをお願いするのが恥ずかしい位の29センチでした。


その30分後に、ちょっといいサイズが釣れました

46センチありました



この後も寒さに震えながら頑張りましたが竿が曲がることはなく起き上がりを迎えました

毎度のことながら自分の下手なのには嫌になります

船長お世話になりました。

また3月ポイントがオモリになったら伺います








  


Posted by ア・シュラン at 15:36Comments(2)マダイ

2015年05月24日

マダイ釣行  茂吉丸(御前崎港)

5月18日 真鯛狙いで御前崎港・茂吉丸から出船しました

な・なんと2月末のヤリイカ以来の釣り

自分の趣味が釣りと忘れるくらいの久々の出撃です

大潮 水温17.9℃  波は1~2位  風2~3m



のっこみも超終盤だし新しい群れが入って来て中型を3~4匹の腹積もりでしたが大外れでした

船長から朝しか食わないから朝の時間を大事に頑張って下さいとアナウンスがあった

片舷3名ずつの6名での出船

6時釣り開始




私の釣り座は右舷の胴の間

つけ餌はLLのオキアミを使用






第一投目から艫の方が竿を曲げた。50cm位のきれいな本命のマダイ

艫の方は結局その1匹で終了~




私は朝のゴールデンタイムを沖アミを取られることなく終了

魚探には反応が凄く出ているとの事

指示棚40m~45mを守って誘いをかけるがエサ取りすら食って来ない

諦めムードに突入しかけた8時半に待望のアタリがあった

慎重にやり取りして上がって来たのは49cmの黒ずんだ本命のマダイでした





その後もサイズupを狙って頑張りましたが1匹で終了~

ミヨシの方は検討むなしくゼロでした

左舷は食い渋る中でも一人3~4匹釣っていた

う~ん腕の差か?

まあ1匹釣れたから良しとしましょう~





船長お世話になりました。 またお世話になりますね



乱文ながら更新の励みになりますので ↓ をポチっと押して頂けると嬉しいです(*゚▽゚*)




にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
  


Posted by ア・シュラン at 09:01Comments(2)マダイ

2014年05月01日

乗っ込み真鯛  (喜久丸)

4月28日に乗っ込み真鯛を狙って釣行して来ました

ゴールデンウイークとあって、船宿はどこも満船

御前崎の茂吉丸・博栄丸両方にキャンセル待ちをお願いしたがだめでした

相良港の船宿も満船、もっと東へ

クエ釣りでお世話になっている大井川港・喜久丸に電話してみるとOKとの事

28日午前5時半頃ちょっと遅刻した方を含め3名を乗せ出航

大潮初日  満潮 4:13  : 17:03  干潮 10:48  : 22:50

天気 晴れ 風 ・無風  波・ ベタ凪  水温17.5℃ 

こませ釣り ・ 仕掛け15m  エサオキアミ  ポイント カド根

昨年はクエをやっていないので喜久丸には1年半ぶりにお世話になりました



今にも降り出して来そうな怪しい雲行で凪の中全速でポイントカド根へ



到着すると沢山の船が集結していた



ポイントまで船長からレクチャーを受ける
こませカゴの下の口は閉め上を少し開けるという

な・なんと指示棚ピタ止め、極めつけは、こませは自然にパラパラ出るだけでコマセカゴを振って出してはダメとの指示

指示棚より下ろしてはダメ、魚を散らすだけとしきりにいう。

パラパラゆっくり切れずに出して真鯛を浮かせて付けエサを食わせるとの事

初めての釣り方である。 そんなんで釣れるのかな?と疑ってしまった。

いつものように気合を入れ第1投~

指示棚35mにラインを見ながら落としピタ止め

すると3~4分後にいきなりのアタリで、50cmオーバーは確信出来る良い引き

しかしタモを持った船長から「黒いぞ~~」との声

上がって来たのは船釣りで初めての縞の消えかかった石鯛でした



その後すぐに左舷で置き竿で出していた船長の竿が満月に



船中第1号の60オーバーの赤いやつでした

船長が無線で今日は反応薄いし食わないとやりとりしている

ベタ凪で鏡のようで釣りやすいのだが、潮も流れていない





↑ 無風で潮も流れていないので各船の向きがバラバラなの分かります?

8時30分頃までに真鯛2匹追加したがサイスが小さくて不満であった

廻りの船も釣れないのかカド根を後にして去って行く

沈黙が続いたが暫くして大事件が起きた

私の隣で置き竿にしていた、ちょっと遅刻した彼の竿にイサキが食ったらしく

船長がイサキが食ってるぞ~と言って彼が竿を持った瞬間に竿先が海中に突き刺さった

サメかクエだなと言って彼以外に回収するように指示する

ラインがどんどん出て行くので魚探とラインを見ながら船を操っている

約20分後に海面に姿を現したのは何と推定17~18kgのクエであった





クエ釣りに何回も通っても釣れない私には目の毒ではありましたけどね(^◇^)

しかし4号のラインで良く切れなかったと感心しきり

クエはいつも80号でやってるのにびっくりです

しかし一番びっくりしたのは沖釣り初めての彼でしょうね

クエ釣り名人と豪語する船長だから釣り上げる事が出来たのかもしれない

私にもドラマが来ると思い気合を入れて投入すると上がって来たのは可愛いメイチダイでした(^◇^)



気が付くと廻りには数隻しか残っていない

でも船長は必ず一山来るからと言って動こうとしない

その後船長が言った通り山場が来ました

私はサイズUPして2度も

この喜久丸は遊漁船を初めてまだ4年位だそうです

その前は漁師さんだったそうです

ちょっと他船とは違うな~と感じました。 さすがです。

結局終わってみれば石鯛46cm・真鯛65cm・62cm・53cm・45cmとメイチダイ25cm・イサキ1匹の釣果でした



こませのパラパラ巻きは結構有効なのではないでしょうか?

この日は他船は好調とはいえない中で私たちヘタッピが釣れたのですから

コマセは道中エサ屋さんがなかったので溶かしたブロックから使いましたが3分の1は残りました

この釣り方は私は気に入っちゃいました。 何より釣れる気がします

ちょっと遠いのがたまに傷ですけど

秋にお弟子さんが新造船を就航させるそうですので皆さんも是非乗船してみて下さい

HPにまめに写真をUPしていないので釣果は良く分からない感じがしますが

絶対に満足すると思いますよ~~




喜久丸船長大変お世話になりました。また行きますね









乱文ながら更新の励みになりますので ↓ をポチっと押して頂けると嬉しいです(*゚▽゚*)


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

  


Posted by ア・シュラン at 16:46Comments(8)マダイ大井川港・喜久丸

2014年04月20日

乗っ込み真鯛  (博栄丸)

4月17日(木)
乗っ込み真鯛のリベンジに行って来ました
前回は真鯛に嫌われてダメでしたので今回は何かを持ってる同僚のS氏を引き連れての釣行

もっと早くにリベンジに来たかったのですが、休日は荒れる日ばかりで、やっとという感じで出船できました

中潮   満潮 6:07 :19:18  干潮  0:22 : 12:39  

天気 晴れ  風 微風   波 穏やか

仕掛け 15m  エサ  オキアミ  こませ釣り  ポイント カド根

今回お世話になった船宿は御前崎港・博栄丸さんです

博栄丸への乗船は2年ぶりと久しぶりです

デジカメのバッテリーが途中で切れてしまい船体の画像や釣り上げた時のドヤ顔の写真がありません(泣)

5時集合で釣り座抽選5番とまあまあの出足

釣り座は右舷ミヨシから2番目が私で3番目が同僚S氏

右舷はミヨシの方以外は全員シマノのMK2000か3000番でダイワはゼロという珍しい光景でした

ポイントカド根に到着すると周りには数隻の釣り船が6時30分の竿入れを待っていました



6時30分船長の合図で釣り開始

若干のウネリはあるが気になるほどではない

私の釣り師匠が大きな真鯛を釣った時のエサを真似して購入してみた



パッケージだけ見るといかにも釣れそうな感じがする

ほんというと前回もこの匠を使用したが釣れなかったのだ

冷凍庫に入っていたスーパーハードも持って来ました



釣り開始時は潮の動き始めか、船中竿が曲がらない

30分ほど経過して右舷で最初に竿が曲がったのは私の竿でした

しかしドラグが出ていかないほど子ぶりの42センチ

なんだ小さいな~と言いながら親方がタモですくってくれた

その後はぽつぽつとイサキが上がる

同僚Sも38cmとかわいい真鯛をゲット




9時半を過ぎた頃私の竿が満月に

やり取りを楽しんで上がって来たのは62cmとまあまのサイズの雌



同僚S氏は初めての長い仕掛けに四苦八苦してる

しかし何か持ってる男は違いますね~~

竿を満月にしてやりとりするS氏の姿はどこか誇らしげ(^◇^)




なんと私のよりはるか大きい72cmの乗っ込みらしい真鯛を釣り上げてしまいました




釣果は納得ものではありませんでしたが楽しかったです



真鯛2匹 イサキ5匹 赤イサキ1匹で自己記録更新ならずで終了~~




乱文ながら更新の励みになりますので ↓ をポチっと押して頂けると嬉しいです(*゚▽゚*)


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



  


Posted by ア・シュラン at 20:16Comments(3)マダイ御前崎港・博栄丸

2014年03月25日

真鯛釣行 (茂吉丸)

3月19日 御前崎・茂吉丸にて乗っ込み真鯛を狙って釣りに行って来ました。

出船前の茂吉丸


中潮  満潮  6:43  :  19:19   干潮  0:42  : 12:59


ポイント  オモリ  仕掛け 15m  こませ釣り  エサ オキアミ

御前崎港に到着した時は風速10以上吹いていたと思われ、これは絶対に出船中止になると思いました

集合時間に来たのは船ではなく軽トラに乗った船長

今日は中止って言うのかと思いきや、もうすぐ風が治まって来るから出航を遅らせるとの事

前日の予報では朝から2~3mのはずだったのに。

無理やり出航して大波なら釣りにならんな~と思いながら、待つこと40分

あたりが明るくなった頃、船が岸壁に横付けされた

さすが船長~! 風は1時間前の半分程度まで治まってきた

乗っ込みの大鯛を狙う釣り人を乗せ出港(ほぼ満船)

抽選で右舷艫から2番目をゲット

けっこうウネリがあるだろうから後ろを願っていたのでベストポジション(^^♪

昨年は75cmと自己記録を更新したので今年も更新ともくろんでいたのだが・・・・・・

私以外の竿は大きく弧を描くのですが、私の竿だけピクリともしない

ガン玉を付けてみたり外してみたり

1.5m伸ばしてみたり3m伸ばしてみたりと色々試してみたが一向にあたりがない

何が悪いのか、さっぱり分からない

去年と変わっているのは私の白髪が増えた位かなにっこり

外道のエサ取りもいない

エサのオキアミは回収のたびに形良く残って来る

9時過ぎた頃には、ウネリもほぼなく快適な釣り日和に


11時過ぎた頃に初あたり

竿の感触から鯛ではなくイサキと思うほどなんなく上がって来ました

皆さんは50cmオーバーばかりなのに私のは31cmと小ぶりのが



お隣さんに、そのまま炊飯器に入れて鯛めし出来るな~なんて嫌味を言われちゃいました

よ~しこれからだ~と気を取り直して頑張ったけど

ヘタっぴ爺の竿が曲がることはなく納竿となりました

今回の敗因は自分では分かりません

潮がぶっ飛びでしたので、こませの撒き方? 撒く位置? なのか?

それとも運がなかっただけか?

リベンジ行くしかないでしょう~~~

いつ行く?

そのうち!!

船長お世話になりました。

リベンジに行きますのでよろしくご指導願います









乱文ながら更新の励みになりますので ↓ をポチっと押して頂けると嬉しいです(*゚▽゚*)


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ




  


Posted by ア・シュラン at 17:22Comments(3)マダイ

2013年04月19日

ノッコミ真鯛釣行・リベンジ (茂吉丸)

4月17日(水) 
ノッコミ真鯛のリベンジに御前崎・茂吉丸さんから出撃しました



小潮  干潮 02:48  15:34   満潮 08:14 22:45

仕掛け 15m 1本針  エサ オキアミ  こませ釣り

釣場  オモリ

午前5時集合 荷物を積込み10名を乗せて岸離れ

天気はどんよりとして曇っている。 

風が2~3m吹いているせいか海は若干うねりが有る



本日の爺の釣座は左舷胴の間(前から4番目)

6時30分竿入れ

第1投目、気合を入れ投入しようとしたが、いきなりの手前マツリで出鼻をくじく

老眼忘れてしまい見えないので仕掛け交換

一度も海に入れることなく交換とはドジな爺です

気合を入れ直して1投目、しかし3人巻き込んでのオマツリで仕掛けぐしゃぐしゃ(泣)

またまた仕切り直しての2投目、これもオマツリでぐしゃぐしゃ(号泣)

2度の投入で3つ仕掛けがパー

一気にやる気が失せる!!

ここでタバコを一服と仕掛け交換で休憩

すると船首側のお隣さんに40センチオーバーの本命がヒット

こんな朝のいい時間にこんな事してられないと我に返ってやる気モードに

それから数投目に初のアタリが来た

ゆっくり竿を持ち上げ聞き合わせると、凄い勢いでドラグが出て行くではありませんか

こりゃ~デカイと確信!!

初物でバラしたくないので手巻きで慎重にやりとりしながら上がって来たのは

自己記録更新の75センチ本命のマダイ!!



今までの記録は68センチが最高だったので超嬉しい

68センチとは小さいと笑わないでね。

しかし前回同船者が釣り上げた88センチを見ているだけにそれほど大きく感じなかった

その後にすぐ57センチを追加



またまたまぐれで、46センチを追加

だんだん小さくなっていくのは気に入らないが、一気に釣れたので爺はご満悦(*^_^*)

すべて満潮までの1時間半での釣果

しかし下げ潮に入ってからは1匹も釣れませんでした。

この日はどういう訳かイサキ等の外道がまったくいないので付けエサがそのまま残って来る

あとはコマセを巻く作業の繰り返しでした

そして午後1時納竿





まな板からはみ出る57センチ




巨大な75センチ



リベンジ成功~~








  


Posted by ア・シュラン at 22:04Comments(5)マダイ

2013年04月07日

のっこみ真鯛釣行 (茂吉丸)

4月5日(金) 長潮  干潮  7:58  満潮 13:07

仕掛け 4号15m 1本針 エサ=オキアミ

釣場 オモリ

水温21度


のっこみマダイを狙って御前崎・茂吉丸さんから出船しました

天気は最高・風もほぼ無風・海は凪で絶好のコンデションでした。

平日にも関わらず、のっこみの時期ということか満船

くじ運はいいのか悪いのか引き当てた場所は左舷大艫でした

5時半前に岸離れ

出航してまもなく明るくなって来て海面が遠くまで見えるようになって来た

ん~最高~~ の凪



6時30分 竿入れ

前日は潮がぶっとんでいて釣りにならなかったらしいが5日はほどよく流れているとの事

気合を込めすぎているからか、竿には何の反応もない

水深は70~80mで指示棚は45~50の範囲

探見丸には何の反応もなし



反射して見づらくてすみません

画面は真っ白のまんま


結局私の竿が反応したのは25cm前後のイサキが3回食って来ただけ



のっこみには早いのかマダイは船中3匹と超貧果

でも八王子から夫婦で乗船していた女性アングラーが

な・なんと88cm・9キロの大鯛を釣り上げたのにはびっくりしました

50ℓクーラーにイサキが3匹とは情けないおっとー

次は絶対デカイのを釣ってやるぞ~と心に誓い帰路に着きました。

良かったのは天気と凪だったことかな






追伸  茂じいちゃんは愛想はなかったが鬼教官から脱皮?

温和な船長になってしまった感が・・・・






  


Posted by ア・シュラン at 22:33Comments(0)マダイ

2012年10月29日

メイチダイだった

先日26日(28日ブログ)に釣り上げた魚はマダイ(56センチ)だと思っていたが

きんべえさんからメイチダイではとご指摘を頂きました

図鑑等で調べてみたら、まさしく私が釣った魚とそっくりでした

なんと超高級魚とのこと

美味しく刺身とシャブシャブで頂きましたけど

まだ半身残ってるので味わって食べたいと思います

私はデブなマダイだと思い込んでしまったのですが

やはりちょっと変だと思ったら調べてみないといけませんね~



  


Posted by ア・シュラン at 17:21Comments(2)マダイ

2012年10月28日

マダイ釣行 (茂吉丸)

10月26日にマダイ・ワラサ狙いで御前崎茂吉丸に行って来ました


伊良湖周辺でマダイ・ワラサが釣れているので師崎からの定宿さんの船に乗りたかったのですが、満船で諦めることに

他にも乗ってみたい船はあったのですが、探見丸をアキュフィッシュ機能にバージョンアップしてから一度も使っていなかったのでアキュフィッシュ対応している茂吉丸に決定しました。

前日の25日に会社から帰宅して午後7時に空きがあるかTELしてみると空いてますよ~の返事で即予約

風呂入って食事して、ドラマ見てPM11時自宅出発

1:40に港到着

一番乗りかなと思ったらすでに豊橋ナンバーの車が止まっていて仮眠していた

帰宅してからわかった事だが、釣果欄に画像付きで載ってる人だった

いつものように途中で買った缶酎ハイを飲んで爆睡

出航前の恒例の釣座の抽選

ミヨシだけは当たりませんようにと願いを込め船長の握っている棒を引き抜く

クジ運のない私が引き当てたのは右舷ミヨシ

最近は悪いことしてない、いい爺なはずなのに何故かこうなる

戦意喪失しかけながらも道具を積み込み6時前に岸離れ

いつも思うが博栄丸より必ず先に岸を離れる(疑問?)

夜明け間近、12名乗せて本日の釣り場御前崎沖を目指す



御前崎沖到着前には太陽も顔を出し明るくなる

天気も良さそうだし海も凪で絶好の釣り日和




6時30分気合を入れて竿入れ

浜岡原発や御前崎のホテルが遠くに見える





潮は左舷艫方向に流れている

この潮じゃコマセ係り確定?

不安がよぎる中、気合を入れ投入を繰り返すが

2時間経った8時半でイサキが2匹

左舷では大物が上がったのか歓声が上がっている

見に行く気にならず!!

なにクソ~と思いながら頑張っていたら9時半すぎ

ゴ・ゴンと強烈なアタリ

ドラグが気持ちよく出て行く

こりゃ~50オーバーはあると確信

4号なので慎重にやりとりし上がってきたのは56センチの正真正銘のマダイ

ここだけの話、手ごたえから70センチ近くあると思ったんだけどね。

右舷では一番の大物でした




それからはイサキばかり登場

潮止まりが近付いて来た頃、自分のコマセが効いているみたいで30センチに満たないマダイが心地よい引きで楽しませてくれる

そして2回目のドラグが出て行くアタリが来た

2回目なので余裕をかましてゆっくり手巻きで楽しんでいたら10メートルほど巻き上げたところで根がかりしたような感じになりまったく動かず

えっ!! なんだ? どうした? と思っていたら急にテンションがなくなった

隣りの常連さんが、サメにやられたなと一言

仕掛けを回収したらぶっつり切られていた

姿を見てないけど手ごたえは十分あったので悔しかった

憎きサメ!!

小タイらしき当たりの時にも1回食いちぎられた。

もたもたしてるとサメにやられるからと強引に巻いたほうがいいと常連さんから指導が入る

ヘタっぴ爺にはありがたいアドバイスだが、もっと早く言ってほしかったのが本音です



結局マダイ5匹(小含む) イサキ12匹で終了~~~


ところで探見丸のアキュフィシュ機能を体感したく茂吉丸に決定したのにアキュフィッシュ機能が作動しない

操作が悪いのかと思いお隣さんに聞いてみたら、同じ症状との事。

2回もシマノにクレームで出してるのに、治らないで戻ってくるとの事。

デモ画面では作動するが実際に使うと作動しないらしい。

天下のシマノさん。 どうなってるの~~

私も上州屋にクレームつけま~~す

左舷の方のはちゃんと作動していたから船が原因ではない。

次回は慣れている胴付き仕掛けで釣たいです。




それから鬼の組長・・・いや船長を返上???

今回の船長は仏様のように一日穏やかで優しい船長でした

怖~~いイメージの茂じいだったのですが今回は拍子抜けしました。

でもお客様に釣らせて帰らせたいという思いは強い船長なので私は好きだな~~

茂じい~また行くからな~~

あれ? 俺もじじいだった!!!






  


Posted by ア・シュラン at 00:18Comments(5)マダイ

2012年06月26日

2度目の挑戦

ヤプログから引っ越して来ました
5月31日にヤプログに登載したものです

5月25日に行った金洲への釣行記録です。
今春2度目の御前崎
先月は茂吉丸にお世話になったので今回は博栄丸にお世話になることに。
http://www.hakueimaru.com/
御前崎の朝は早い(ちと早すぎでは?)
4時10分集合とのこと。
なんだかんだやっていたらPM10時を過ぎてしまったので布団で寝るのを諦めて道具一式を積み込み出発。
貧乏サラリーマンなので高速を諦め1号線を東へアクセルをふかす。
眠気に襲われながらも、なんとか御前崎に1:30到着。
シートを倒しバタンキュー{スリープ}
4時の目覚ましで起床~{グズン}
目が覚めると腰と背中が悲鳴を上げてる
我愛車フィルダーの寝心地は最悪だ~。。

準備をしていると岸壁に博栄丸が接岸。
一昨年のヤリイカ以来の乗船になる
先月の茂吉丸ではマダイの顔は見れなかったので今回は力が入っている。
しかし力が入りすぎ釣り座の抽選では、ドベ2.。。
出航前から撃沈。 いやな予感が脳裏をかすめる{爆弾}
天気は曇り空だが無風・ベタベタ凪
中汐だが汐動いてんの~って位、海面は鏡状態。
気合を入れて6号15メートルの仕掛けを投入する。
1投・2投・3投と沈黙。
右舷ミヨシから2番目とドベ2のわりには、まあまあ満足の釣り座である。
しかし竿はピクリとも動かない。。
右隣りの方の竿が海面に突き刺さる。。
ドラグも何度も悲鳴を上げてる。。
他人事ながら、デカイと確信!!
上がってきたのは5.6キロの大マダイ
今度は俺の番だ~と気合を入れるが竿が曲がるのはお隣さんだけ(号泣)
俺のこませで大当たりか?なんて自分の腕が悪いのにひがむ。
こませの出し方が悪いのかと色々出すいちを変えてみるが無反応。
結局終了までにシマアジ1匹のみ。
それも5・60センチもあるシマアジなら満足だが15・6センチの極小シマアジ。
刺身なら1人前ってとこ。
お隣さんのクーラーはとても賑やか。マダイ2匹に大イサキ数匹・赤イサキ数匹・シマアジ数匹
なんで数メートルしか離れてないのに

今年はマダイ釣りの勝敗は伊良湖沖が1勝2敗、御前崎が2連敗
マダイが3連敗とは情けない~~~
今年はマダイの女神に見放されてしまったようだ

次回釣行予定のキンメまで引きずらなければいいが。

こんな釣果で高速を帰れば鬼嫁に何を言われるか分からないので帰りも下道で帰ることに(トホホ・・・
あ~疲れた~~~~
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
にほんブログ村  


Posted by ア・シュラン at 20:49Comments(0)マダイ